県庁パソコンのwindowsXPへの対策について
伊沢委員  情報政策課にお伺いをいたします。先日報道されておりましたが,ちょっと私も気になりましたのでお伺いしたいと思います。パソコンのOSとして普及しているウィンドウズのXPが,来年の4月8日ですか,マイクロソフトのサポートが終了するということで報道されておりました。いろんな問題が生じるというような書かれ方でございましたが,まず,サポートが終了した場合どのような問題が生じるおそれがあるのか,お伺いしたいと思います。

情報政策
課長
 XPのサポート終了ですが,XPのサポートが終了しますと,いわゆる脆弱性,セキュリティー上の欠陥でありますが,こちらに対応するための修正するプログラムが配布されなくなるということです。
 その結果,その脆弱性に対する攻撃がされ,例えばパソコンが乗っ取られるといったセキュリティー上の重大な問題が発生するおそれがあります。そのため,サポート終了までに,XP搭載のパソコンにつきましては,パソコンの更新,もしくはOSを例えばウィンドウズ7に上げるなどのバージョンアップをする必要があるというふうに考えています。

伊沢委員  セキュリティー上重大な問題が生じるおそれがあるということですが,ちなみに,茨城県は何台ぐらいのパソコンがございますか。

情報政策
課長
 県においては,行政事務の合理化や県民サービスの向上などを目的として,庁内にLANを,ネットワークを整備して,原則として職員1人に1台のパソコンを配備しているところです。
 10月現在,ネットワークに接続しているパソコンの合計台数が約7,100台です。内訳としては,情報政策課が職員向けに整備をしているリースパソコンが5,800台,また,そのほかに,各所属ごとに業務処理のために整備しているパソコンが約1,300台で,合計7,100台です。

伊沢委員  約7,100台あるということですが,このうち,XPを搭載しているパソコンというのはどのぐらいあるんでしょうか。

情報政策
課長
 まず,7,100台のうちの情報政策課整備分が約3,200台,そのほか,所属の備品分が800台,合計4,000台です。全体の5割強がまだXP搭載という状況です。

伊沢委員  今,4,000台,5割強ということですが,来年の4月8日サポート終了ということですけれども,サポート終了までにどのような対応をしていくのか,ここが一番問題だと思いますので,お聞かせいただければと思います。

情報政策
課長
 まず,情報政策課整備分の3,200台のうち1,100台については今年度リースが切れるので,機器の更新をするということで対応します。残りの2,100台については,リースの残り期間がまだあるので,機器はそのままにしまして,OSをバージョンアップすることで対応を考えているところです。
 また,各所属整備の備品の800台のパソコンについては,機器の更新またはOSのバージョンアップをするように各所属に対して通知をしているところでして,今後,年度内に各所属で対応する予定です。

伊沢委員  バージョンアップするということですが,それだけでセキュリティー対策というのは大丈夫なのか,ちょっと私もよくわからないので,教えていただければ……。
 また,今まで対応をとっていると思うんですけれども,そのほかでも対策というのがあればお伺いしたいと思います

情報政策
課長
 パソコン単体でのセキュリティーという面では,OSを新しいものにかえることで,または機器を更新することで確保されるというふうに考えていますが,そのほか,最近では,標的型メール攻撃とかウイルスの感染,ホームページの改ざんなど,さまざまなサイバーテロの脅威が依然として存在をしているという状況です。
 そのため,県ではこれまでも,庁内のネットワークについては,外部との接続のポイントに不正侵入を防ぐためのいわゆるファイアウオールといったセキュリティー機器や,ウイルスチェックシステム,侵入防御システムなどなど,二重,三重の防御システムを設けています。
 それから,昨年からは,標的型メール攻撃に対応した訓練を実施するなど,情報セキュリティー確保のためさまざまな取り組みを進めているところです。
 今後も,ファイアウオールなどのセキュリティー対策機器での監視をさらに強化をしていくということとともに,職員に対するセキュリティー研修,それから訓練といったものを実施することで,セキュリティーの確保に引き続き努めてまいりたいと考えているところです。

伊沢委員  ありがとうございました。
 XPの対策については,サポート終了の来年の4月までに完了するということで安心しましたが,しっかり対応していただきたいと思います。
 また,今お話しいただいたようなこともあるようですので,情報セキュリティー対策ということで,今後も万全を期して進めていただくことをお願い申し上げます。以上です。

  平成25年10月17日 総務企画委員会質疑