平成25年第3回定例会が、10月3日から10月28日の26日間の会期で行われました。
 定例会では、知事から風評被害対策や防災体制の強化、雇用創出事業の追加などが盛り込まれた一般会計補正予算案(総額115億400万円)や県少子化対策審議会を設置する条例案などが提出されました。、

 知事提案説明後、議員による一般質問が行われ、活発な議論がなされました。
 また所属する総務企画委員会では、県庁内LANに接続されているパソコンの基本ソフト「Windows XP」への対策について質問を行いました。
 今回の定例会では、条例など43件の議案等が可決、同意、承認されました。

【可決された意見書・決議(5件)】
防犯カメラ設置促進のための必要な措置を求める意見書
教育予算の拡充を求める意見書
茨城の子どもたちを放射能から守るために原発事故子ども・被災者支援法に基づく適切な対応を求める意見書
東日本大震災からの本格復興を目指し,医師不足を抜本的に解消するための茨城県への医学部新設を求める意見書
新聞購読料への消費税軽減税率適用に関する意見書

【採択した請願(2件)】
教育予算の拡充を求める請願
新聞購読料への消費税軽減税率適用に関する請願