平成24年第3回定例会が、9月7日から9月28日の22日間の会期で行われました。
 定例会では、執行部から一般会計補正予算案等、また議員提案で茨城県水源地域保全条例案が提出されました。

 知事提案説明後、代表質問・一般質問が行われ、活発な議論がなされました。
 所属常任委員会では、土木企業委員会 委員長として、委員会の議事運営を務め、利根川水系における取水制限の影響等について審議いたしました。

 最終日の28日には、平成24年度一般会計補正予算案など執行部および議員提案の合計31件の議案が本会議において可決されました。

【可決された意見書】
 ・茨城の子どもたちを放射能から守るために原発事故子ども・被災者支援法に基づく適切な対応を求める意見書
 ・李明博韓国大統領の言動に抗議し,政府に対韓国外交の見直しを求める意見書
 ・中国における邦人・日系企業等の保護とわが国の領土・主権の護持に関する意見書
 ・「脱法ドラッグ」とりわけ「脱法ハーブ」に対する早急な規制強化等を求める意見書
 ・教育予算の拡充を求める意見書
 ・最終処分場選定過程の透明性の確保を求める意見書

【採択された請願】
 ・教育予算の拡充を求める請願
 ・茨城の子どもたちを放射能から守る対策を求める請願
 ・茨城の子どもたちを放射能から守る対策を求める請願