平成24年第2回定例会が、6月4日から6月15日の12日間の会期で行われました。
 定例会では、知事から茨城県復興産業集積区域における県税の課税免除に関する条例の制定 などの議案等が提出されました。

 知事提案説明後、一般質問が行われ、活発な議論がなされました。
 所属常任委員会では、土木企業委員会 委員長として、委員会の議事運営を務め、通学路の安全対策の取り組み等について審議いたしました。
 今回の定例会では、条例・報告・意見書など22件の議案等が可決、同意、承認されました。


【可決された意見書・決議】
 ・竜巻等被害からの再建に関する意見書
 ・神栖市における有機ヒ素化合物による環境汚染及び健康被害に係る緊急措置事業の継続を求める意見書
 ・尖閣諸島の実効支配を推進するための法整備を求める意見書
 ・北朝鮮による日本人拉致問題の早期解決を求める意見書
 ・早稲田大学新設医学部の県畜産試験場跡地への誘致に関する決議
 ・東京電力株式会社の電気料金値上げに関する意見書
 ・東京電力福島第一原子力発電所事故による放射線被ばくの健康影響に関する意見書