平成23年第3回定例会 一般質問内容(詳細)

5. 県民に希望をもたらす国体の開催について
  
 (1) 震災からの復旧・復興のシンボルとしての国体
伊沢勝徳

次に,県民に希望をもたらす国体の開催についてお伺い致します。
まず,震災からの復旧・復興のシンボルとしての国体についてであります。

本年7月の,日本体育協会理事会におきまして,平成31年国民体育大会の本県開催が内々定し,昭和49年の第29回「水と緑のまごころ国体」以来,実に45年ぶり2回目となる国体の本県開催が事実上決定致しました。

震災や台風での被害など暗い話題が多い中,本県では震災からの復旧・復興のシンボルとして,また,県民に夢と希望をもたらす明るい話題として,私は,大いに歓迎すべきものだと思っております。

また,大変残念なことではありますが,先日,地域ブランド調査2011の結果速報が発表され,本県は,またしても都道府県ランキングの最下位ということになりました。茨城が大好きな私に取りましては,釈然としない気も致しますが,結果は結果として受け止め,本県開催の国体を「県をあげてのおもてなし」の心で,本県のイメージアップにもつなげていかなければと考えております。

そこで,本県開催の国体に対しての意気込み,又,県としてどのように取り組んでいくのか教育長にお伺い致します。

 

教育長
 次に,県民に希望をもたらす国体の開催についてお答えいたします。
 まず,震災からの復旧・復興のシンボルとしての国体についてでございます。
 震災からの復興に県民を挙げて取り組んでいる中,今回,45年ぶりとなる国民体育大会の本県開催が了解されましたことは,スポーツを通じて県民の方々に明るさと元気をもたらすとともに,本県のイメージアップを図る絶好の機会でもあるととらえております。
 また,震災で地域社会に根差した絆や地域コミュニティーを大切にし,これらを温かいおもてなしなどの県民運動につなげていくことで,8年後には復興を果たした元気な茨城を全国に発信できるような大会にしてまいりたいと考えております。
 今後の取り組みについてでございますが,開催5年前の平成26年に日本体育協会の内定が,そして3年前の平成28年には開催決定の手続がありますので,これらが円滑に受けられますよう,国体の開催基準要項に基づいた諸準備に万全を期してまいります。
 来年度には,知事を会長とする準備委員会を設立いたしますので,その中で正式競技の会場地選定や大会の基本構想などを順次協議,決定してまいります。
 

質問 見出しのページへ戻る