平成23年第3回定例会 一般質問内容(詳細)

3. ドクターヘリについて
  
 (1) 東日本大震災における対応と課題並びに今後の取組
伊沢勝徳

次に,ドクターヘリについてお伺い致します。

今回の台風15号の日本縦断による被害も拡大中でございますが,先日の台風12号の襲来でも,近畿地方を中心に甚大な被害に遭いました。死者67名,行方不明者27名という,平成に入ってから最大の台風による被害状況でありました。お亡くなりになりました方々には心からのご冥福を,被害に遭われた皆様には心からのお見舞いを謹んで申し上げます。

そういった大変な状況の中,「孤立する奈良県十津川村で和歌山県のドクターヘリが妊婦を救出」との報道に接しました。とても良かったと安堵する一方,通常の医療体制が維持できない被災地では,ドクターヘリが有効に機能し,その威力を十分に発揮したと実感しました。

そこで,まず,東日本大震災における対応と課題並びに今後の取組についてお伺い致します。

本県にドクターヘリが導入されて,早いもので1年が経過致しました。ヘリコプターによる大きな事故や不具合もなく,つつがなく1年を迎えられましたことは,関係の皆様のご尽力の賜と心から敬意を表するところであります。また,運行状況を伺いますと,出動回数が月を追うごとに伸びてきているとのことであり,県民の救命率の向上に資するという事であれば,ドクターヘリを導入した意義と効果があるということでございます。

その1年を振り返りますと,何と言っても3月11日に発生した未曾有の大震災,東日本大震災の発災があげられます。いろいろと制約やご苦労もあったことだと思いますが,今回の震災でも,その機能を十分に発揮し,ドクターヘリが活躍して頂いたものと思います。

そこで,今回の震災で,ドクターヘリはどのような活動をしたのか,またその課題はあったのか,また,今後このような大規模災害が発生した場合の取組について保健福祉部長にお伺い致します。

 

保健福祉部長
 ドクターヘリについてお答えいたします。
 まず,東日本大震災における対応と課題,並びに今後の取り組みについてでございます。
 今般の大震災では,広範囲にわたり住宅などの建物が数多く被災しましたことから,損壊した家屋の修理などで屋根から転落するという事故が多数発生し,ドクターヘリへの出動要請も急増したところでございます。
 中でも,3月と4月の2カ月間で震災の影響と思われる転落事故での出動要請が約30件も発生し,両月ともそれまでで最大となる44件の出動回数を記録いたしました。
 また,発災直後には,ひたちなか市において,地震で落下した外壁により頭部を負傷した患者をドクターヘリで早期に搬送し,緊急手術を行ったことにより一命を取りとめることができた事案がありましたほか,その翌日には,常陸那珂火力発電所での転落事故で防災ヘリに救助された作業員を病院に搬送するなどの活動を行ったところでございます。
 このように,震災に関連して多岐にわたって活動したところでございますが,発災直後から電話回線が長時間にわたり通じにくくなり,消防機関からの出動要請に障害が発生したことや,災害時の対応がマニュアル化されていなかったため,今回活躍したDMATと連携をとって活動することができなかったことなどの課題がございます。
 このため,県といたしましては,非常時にも確実に出動要請の連絡がとれるよう,これまでの電話回線に加えて新たな通信手段の確保に努めるとともに,大規模災害を想定したドクターヘリの運用方法の検討を進め,災害時にも効果的に活用できる体制整備に取り組んでまいります。
 

質問 見出しのページへ戻る