平成22年第2回定例会が、6月3日から6月16日の14日間の会期で行われました。
 定例会では、知事から法人県民税法人税割超過課税の適用期間の延長などを行う「茨城県県税条例の一部を改正する条例」などの議案等が提出されました。

 知事提案説明後、伊沢議員は通算6回目となる一般質問を行いました。
  (別ページに質問・答弁を掲載)
 県出資団体等調査特別委員会では、県出資団体や特別会計・企業会計の経営健全化を図る諸方策について調査するため活発に議論し、県住宅供給公社の解散などについて審議を行いました。
 今回の定例会では、条例、人事、報告など13件の議案等が可決、同意、承認されました。