平成21年第2回定例会が、6月5日から6月22日の18日間の会期で行われました。
 定例会では、平成21年度茨城県一般会計補正予算案など、議員から新型インフルエンザ対策に関する意見書などが提出されました。

 知事提案説明後、一般質問、常任委員会・特別委員会などが行われ、活発な議論がなされました。
 所属常任委員会では、土木委員会副委員長として、付託議案の審議、所管事務に関する質疑を行い「当初予算における公共事業執行目標達成」等について審議いたしました。
 最終日の22日には、平成21年度一般会計予算案など執行部提案の18議案を本会議において可決されました。

【可決された意見書】
 ・肝炎対策のための基本法の制定を求める意見書
 ・新型インフルエンザ対策に関する意見書
 ・低炭素社会形成のための基本法制定を求める意見書