平成20年第2回定例会が、6月5日から6月18日の14日間の会期で行われました。
 定例会では、知事から「ふるさと納税」導入に対応する県税条例改正案などの議案等が提出されました。

 知事提案説明後、議員による一般質問、常任委員会が行われ、活発な議論がなされました。
 また議会運営委員会にて白田委員長が政務調査費改正を検討するよう各会派に提案、地方議員の年金制度について廃止を含めた見直しなどの議論が行われ、条例・人事・意見書など8件の議案等が可決され、請願1件が採択されました。

【可決された意見書】
 ・正規雇用の推進と労働者派遣制度の改善に関する意見書
 ・安心して医療を受けられる体制を整備するため,必要な医師・看護師の確保に関する意見書
 ・長寿医療制度(後期高齢者医療制度)の改善を求める意見書
 ・米の需要拡大に関する意見書
 ・地方議会議員の年金制度に関する意見書

【採択された請願】
 ・茨城県特定外来生物(アライグマ)防除実施計画の策定と緊急捕獲の実施を求める請願