平成20年第1回定例会が、2月28日から3月21日の23日間の会期で行われました。
 定例会では、まず橋本知事が県政運営の基本方針、平成20年度一般会計予算などの知事提案説明を行いました。

 知事提案説明後、各会派による代表質問、議員による一般質問、常任委員会・特別委員会などが行われ、活発な議論がなされました。
 保健福祉委員会 副委員長として、初めての臨む委員会では、所管の保健福祉部・病院局・企業局関係の議案や「地方でも安心して医療を受けられる体制を整備するため、必要な医師・看護師を確保するための請願」等について審議いたしました。
 最終日の21日には、平成20年度一般会計予算案など執行部提案の86議案を本会議において可決されました。また、安心できる食の確保や提供等に関する調査特別委員会(田山東湖委員長 定数16名)の設置を決めました。